夫 朝帰り 浮気の過ぎ去った後

二度と会わぬ筈。「な、分ってくれよ?」帰れ!「ちぇっ。ノリ、わりぃ奴。くたばれ!」バタン!ドアを乱暴に閉め、消える男。元亭主。

夫 朝帰り 浮気を繰り返し、離婚から半年。未だ私の下を訪れ、和解迫ってくる。最悪。正直、こうも下衆と思わんかった。

「なー。今度、飯でも...」無視し、リビングへ足を運ぶ。駄目、絶対誘いに乗っちゃ駄目。

奴は悪魔。私を誘惑し、誑かす。夫 朝帰り 浮気、あれほど行い、愛人との関係が消滅し、行くあて・抱く女失せ、自分にヨリを戻そうと画策するだけ。

つまり、誰相手でも変わらぬ。最低!二度呟く。罵詈雑言を呟き、罵り、憎む。心の底から。憎めば憎むほど、夫 朝帰り 浮気許せず、復縁自体、馬鹿馬鹿しく感じる。

「出会いかぁ」もう男は懲りた筈。なのに何故?「寂しっ...」独り言を呟き、孤独を感じる。夫 朝帰り 浮気され、二度と他人へ期待はやめた筈。

でも、不思議だ。何故?他を求め、孤独、紛らわせたく...求めゆく日々。「出会い系...登録やろっ」

晩餐を選ぶ面白さ

温泉を延泊する事になり、最大の悩みは夕飯だ。バイキングにするか、和食膳とするか。昨日は和食膳で、やはりバイキングよりも質の高い食材が使われ、心の満足感が勝った。

フロントスタッフによると、和食膳も全部内容を変えるそう。腹と心を天秤にかけた結果、心を取って和食膳でお願いした。

その後、函館八幡宮へ初詣に行き、買い物等してるうち、選択は間違って無いか不安になった。旦那と5分そこら会議の結果、やっぱりバイキングへ変更。

お腹一杯食べようという話に(笑)結果から言えば、バイキングで正解。

お刺身や寿司ネタも、少しづつ変わってたし、栗きんとんや紅白かまぼこ等、おせち料理も用意されてた。

そんでまたしても、がごめ昆布をしつこくおかわりし、有終の美を飾った。

どれ位かかるのか、想像もつかないよ、一人暮らし 費用って...。初体験のイベントだから、誰だって分からない事だらけ。

勿論、家賃は事前に知ってる。一人暮らし 費用で最も不安なのは、食費かなー。自炊が安上がりだと、口を揃えて皆は言うね。

服は買わなけりゃ済むし、金がない時は、付き合い悪い奴で通せば良い。だけど、食わねが死んじまう。ひもじいのは勘弁だ。

貧しくて、女に愛想つかされるのも嫌だけど、料理出来る男はカッコイイからモテルよねー。

やっぱり、一人暮らし 費用を浮かせる為、いっちょこの機会に、ご飯作りをマスターしますか!

そうだ、ネットで探せば絶対あるはず。頭の中で、ああでも無いこうでも無いと考えようが、埒あかねぇ。

「一人暮らし 費用大辞典」的な何か、完全マニュアル等を検索すっべ。俺の場合は学生だけど、居酒屋バイトとかの「まかない」狙いで行こうか!

上手く行きゃ、簡単な酒の肴はお手のもんだぜ。みんなでワイワイやれば、ホームシックも大丈夫だろうからさ。