夫 朝帰り 浮気の過ぎ去った後

二度と会わぬ筈。「な、分ってくれよ?」帰れ!「ちぇっ。ノリ、わりぃ奴。くたばれ!」バタン!ドアを乱暴に閉め、消える男。元亭主。

夫 朝帰り 浮気を繰り返し、離婚から半年。未だ私の下を訪れ、和解迫ってくる。最悪。正直、こうも下衆と思わんかった。

「なー。今度、飯でも...」無視し、リビングへ足を運ぶ。駄目、絶対誘いに乗っちゃ駄目。

奴は悪魔。私を誘惑し、誑かす。夫 朝帰り 浮気、あれほど行い、愛人との関係が消滅し、行くあて・抱く女失せ、自分にヨリを戻そうと画策するだけ。

つまり、誰相手でも変わらぬ。最低!二度呟く。罵詈雑言を呟き、罵り、憎む。心の底から。憎めば憎むほど、夫 朝帰り 浮気許せず、復縁自体、馬鹿馬鹿しく感じる。

「出会いかぁ」もう男は懲りた筈。なのに何故?「寂しっ...」独り言を呟き、孤独を感じる。夫 朝帰り 浮気され、二度と他人へ期待はやめた筈。

でも、不思議だ。何故?他を求め、孤独、紛らわせたく...求めゆく日々。「出会い系...登録やろっ」